ストレッチの方法

深呼吸をしながら「無理せず」「ゆっくり」がポイント

ストレッチの方法についてお話ししたいと思います。

 

ストレッチには、体の各部位を刺激して運動前の準備を整えたり、血流やリンパの流れを良くして健康維持に役立つなど、さまざまな効果があります。

 

ストレッチには、子供からお年寄りの方まで、目的によってさまざまな方法がありますので、代表的な例を挙げてみました。

 

 

スポーツ選手が運動の前後にストレッチをしている光景をよく見かけることから、「ストレッチはスポーツをする時のもの」というイメージが強いかもしれませんね。
ですが、リハビリテーションや健康維持のためにも行われるストレッチは、スポーツ時に限らず、健康な体づくりの大切な一要素となっています。

 

ストレッチをすると、気分を爽快にしてリフレッシュする効果も得られるので、精神を安定させる作用もあり、身体面と精神面の両方から健康維持に役立っているのです。

 

ストレッチには目的によって様々な方法がありますが、すべてのストレッチに共通しているのは「体の各部位をゆっくり伸ばす」という点です。

 

人間の体は、加齢とともにどうしてもかたくなってしまいます。
それに、気温が低い時にも神経や筋がかたまり、“可動域”が狭くなることから、体の動きが悪くなってケガの原因となります。
ですから、ストレッチを行う場合は、お風呂上りなどの体が温まっているときに行うと良いでしょう。

 

ストレッチは、無理をしないで、少しずつ体の各部位を伸ばしていくことがポイントになりますが、その際、ゆっくりと深呼吸をしながら行うと良いでしょう。
器具を使わない簡単なストレッチ方法もありますが、「ストレッチポール」「ストレッチボード」などの器具を使うと、楽しく、効果的にストレッチを行えますので、試してみるのも良いでしょう。

 

ストレッチを初めたばかりの頃は、まだ体がかたいかもしれませんが、毎日続けて行うことで、少しずつ体の各部位が伸びて、徐々に“可動域”を広げることができます。
ストレッチは、定期的に、継続することがコツですから、「この番組を見ながらストレッチを行う」など、普段の生活の中で時間を決めるなどの工夫をして、毎日欠かさず行うようにしましょう。

 

ストレッチは、関節痛や肩こりのほかにも、疲労回復、ストレス解消などにも効果が期待できます。
健康維持やリフレッシュのためにも、正しいストレッチ方法を身につけましょう。

 

 

ストレッチの方法について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?
あらためて見直してみると、ストレッチは、スポーツ以外でも、実に多くの場所で必要とされているのですね。

 

「健康維持のために何か運動を…」と、どうしても気負って考えてしまいがちですが、まずは暮らしの中にストレッチを取り入れて、少しずつでも継続して行うようにしたいと思います。

ストレッチの方法関連エントリー

ストレッチで得られる効果
簡単にできるストレッチですが、続けるとさまざまなメリットがあります。 その効果についてご紹介します。
ストレッチ体操の効果
気軽にできるストレッチ体操は、仕事の休憩時間や家事の合い間にできる、健康維持や気分転換に効果的な体操です。
肩こり対策にストレッチ
肩こりの原因や、肩こりの予防、ストレッチ方法などについて調べてみました
股関節のストレッチ方法と効果
リンパの流れを良くすることで、健康維持や美容効果が期待できる股関節のストレッチを紹介します。
O脚改善のためのストレッチ
O脚を改善する方法はたくさんありますが、まずは「ストレッチ」から始めてみてはいかがでしょうか。
ストレッチポールを使って効果的にストレッチ
何も使わないでストレッチを行うよりも、ストレッチポールを使えば、楽しく、短時間に効果的にできるというメリットがあります。