睡眠と成長ホルモン

成長ホルモンの分泌には睡眠時間と時間帯が関係しています

睡眠と成長ホルモンの関係についてお話ししたいと思います。
子供の成長にとって、睡眠が重要な意味を持つことは、まだ科学が発達していない昔から、人々の経験として知られていました。
「寝る子は育つ」や「子供は早く寝なくちゃいけませんよ」ということを、科学的に解説してみましたので、どうぞ、読んでみてくださいね。

 

 

昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、これには、ちゃんとした科学的な根拠があるんですよ。
子供の成長と「睡眠」は、とても深い関係にあるのです。

 

骨や筋肉の成長を促したり、体脂肪を分解したりしながら成長を促しているのが“成長ホルモン”で、子供の健全な発育にとって、たいへん重要な役割を持っているホルモンです。
“成長ホルモン”は、新陳代謝を活発にして、肌を健康にしたり、体調を整えるという働きもしていますので、子供だけでなく、大人にとっても大切なホルモンとなっています。

 

なぜ成長ホルモンが「睡眠」と深く関わっている理由は、成長ホルモンが多く分泌される時間帯にあります。

 

成長ホルモンは、午後10時〜午前4時の間に多く分泌され、夜中の2時に分泌量のピークを迎えます。
もう一つの理由は、深い眠りの状態にある「ノンレム睡眠」の時に、成長ホルモンが多く分泌されることにあります。
ノンレム睡眠は、眠りに落ちてから3時間後に集中的に発生しますので、成長ホルモンが多く分泌されるように、就寝時間には気をつけましょう。

 

「子供は夜更かしをしてはいけない」というのは、成長ホルモンが分泌される時間帯に眠りについていないと成長の妨げることになり、「体がだるい」「疲れがとれない」といった結果を招いてしまうからです。
成長ホルモンが減少すると、肌が荒れて、髪がパサついてきますので、大人にとっても夜更かしは体に良くありませんよね。

 

睡眠には「脳と体をやすめる」という大切な効果がありますが、成長ホルモンには疲労回復の働きがあるため、ホルモンの分泌が少ないと、「長時間眠ったはずなのに、疲れが取ない」「眠った気がしない」ということになります。

 

睡眠と成長ホルモンの関係をよく知ることが、良質の睡眠へ近づく大きな一歩になります。
健康な生活をおくるために、成長ホルモンをたくさん分泌させる「睡眠」を心がけていきましょう。

 

 

睡眠と成長ホルモンの関係について、調べたことを書いてみましたが、いかがでしたしょうか?
私自身も、休日の前日にDVDをまとめて見て夜更かししてしまうと、翌日、いつもよりゆっくり寝ていたのに、なんだか体がだるくて体調が悪い…という経験があります。
せっかくの休日を、かえって疲れてしまわないように、これからは「睡眠の時間帯」にも気をつけたいと思います。

睡眠と成長ホルモンの関係関連エントリー

睡眠は健康維持の大切な要素
「睡眠の大切さ」を理解して、質の良い睡眠をとり、健康な毎日を過ごしましょう。
睡眠不足を解消する方法
健康な生活を送るためには、「良質の睡眠」が重要です。 睡眠不足になる原因や、睡眠不足を解消する方法を紹介します。
睡眠障害について
睡眠障害とは何か、また、睡眠障害の種類について調べてみました。
睡眠時無呼吸症候群について
睡眠中に呼吸が停止してしまう「睡眠時無呼吸症候群」。 その種類や症状について調べてみました