睡眠時無呼吸症候群

睡眠不足による事故や生活習慣病の原因にもなるので注意が必要

「睡眠時無呼吸症候群」についてお話ししたいと思います。
睡眠中に呼吸が停止してしまう「睡眠時無呼吸症候群」の症状を抱える人の数は、年々増えてきています。
気になる点があった場合は、早めに医師と相談をして、健康と良質な睡眠をとりもどしてくださいね。

 

 

昼夜の区別がつきにくくなった現代では、「睡眠障害」に悩まされている人がたくさんいます。
「睡眠障害」の中で、睡眠中に10秒以上呼吸が停止してしまう、または、呼吸が細くなる低呼吸状態が1時間に5回以上おこる症状を、「睡眠時無呼吸症候群」と言います。

 

1時間のうちに無呼吸や低呼吸がおこる回数で症状が分けられています。

 

軽症:5〜15回
中等症:15〜30回
重症:30回以上

 

「睡眠時無呼吸症候群」の治療をしないで放っておくと、睡眠不足から事故を起こしてしまったり、生活習慣病を引き起こす原因になったりします。

 

次に、「睡眠時無呼吸症候群」の症状を挙げておきますので、心当たりがある場合は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状

 

  • 熟睡感がなく、いつも眠気を感じる
  • 集中力や記憶力が低下する
  • 寝起きがスッキリせず、起床時に頭痛がする
  • 大きないびきをかく
  • 夜中に何度もトイレに行く
  • 睡眠が十分にとれないため熟睡感がない
  • 気力がなくなる
  • 気がづくと居眠りしていることがある

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群の種類

 

・閉塞型
気道をとりまく筋肉が弛緩して、気道が塞がれて呼吸ができなくなるものです。
あごが小さい人、肥満で首の周りに脂肪が多くついている人、首が短くて太いに多く見られます。
ほかにも、扁桃肥大や鼻の構造の問題などがありますが、特に、あごの形の影響が大きいようです。

 

・中枢型
呼吸の指令を出している呼吸中枢の働きが低下し、呼吸ができなくなるものですが、中枢型の割合は、睡眠時無呼吸症候群の10%未満となっています。

 

 

まだ「睡眠時無呼吸症候群」が発見されていなかった時代は、こういった症状は全て「疲れ」や、「寝不足」の一言で片付けられていました。
事故や生活習慣病を予防するためにも、早めに病院に行って治療を受けることが大切です。

 

病院に行くと、睡眠の状態を調べるために検査をおこない、結果はすぐにわかります。
早期発見・早期治療で、快適な睡眠を手に入れてくださいね。

睡眠時無呼吸症候群について関連エントリー

睡眠は健康維持の大切な要素
「睡眠の大切さ」を理解して、質の良い睡眠をとり、健康な毎日を過ごしましょう。
睡眠不足を解消する方法
健康な生活を送るためには、「良質の睡眠」が重要です。 睡眠不足になる原因や、睡眠不足を解消する方法を紹介します。
睡眠と成長ホルモンの関係
「寝る子は育つ」という言葉に意味には、睡眠と成長ホルモンが関係しているようですよ。
睡眠障害について
睡眠障害とは何か、また、睡眠障害の種類について調べてみました。