睡眠は健康維持の大切な要素

良質な睡眠から得られる健康効果

睡眠の大切さについてお話ししたいと思います。
睡眠の大切さが見直されている今、枕や寝具、音楽、アロマなど、質の良い睡眠のために、さまざまなグッズが発売されています。
その数の多さや話題性からみても、人々が睡眠の大切さを感じていることがわかりますね。

 

睡眠不足になる原因や、良質な睡眠のためのポイントについてまとめてみましたので、どうぞ読んでみてください。

 

 

健やかな毎日を過ごすために、「良質な睡眠」はとても大切なポイントになります。
ところが、現代社会では、「良質な睡眠」のさまたげになる原因がたくさんあるため、睡眠不足や睡眠障害などの悩みを抱える人が数多く見られるのが現状です。

 

それだけに、現在では、「睡眠の大切さ」に対する関心が非常に高くなっています。
まず、「睡眠の大切さ」を理解することからはじめて、毎日、質の良い睡眠をとり、健康な毎日を過ごしましょう。

 

 

睡眠不足になる主な原因

 

  1. 緊張(大事な仕事が控えていているときなど)
  2. 興奮(翌日に楽しい事があるときなど)
  3. 悩みがある
  4. ストレスを抱えている
  5. コーヒーやお茶などのカフェイン刺激
  6. あまり体を動かすことがない、運動不足
  7. 時差ボケ、環境の変化

 

 

このほかにも、何らかの病気や、服用する薬が原因になることもあります。

 

 

良質な睡眠から得られる効果

 

  1. 疲労回復
  2. 脳を休ませる
  3. ストレスを解消する
  4. 成長ホルモンを活発に分泌して、骨、筋肉などの成長を促す
  5. 皮膚の新陳代謝をよ良くして“美肌”へと導く
  6. 体の免疫力をあげて、体調を整える

 

 

良質な睡眠のためのポイント

 

≪日中≫

 

  • 太陽の光を浴びて体内時計を調整する(調整役となる物質・セロトニンは、太陽の光を浴びることでのみ生成されます)
  • 適度な運動(激しい運動は、逆効果になることがあるので避けてください)

 

 

≪寝る前≫

 

  • 就寝の3時間前までに食事を済ませる(食べ物の消化には約3時間かかりますが、胃腸が働いていると寝つきが悪くなります。)
  • 好きな音楽を聴いたり、ゆっくりお風呂に入るなどの方法で、心身ともにリラックスをする
  • 自分に合った枕や、気温に適した寝具にする
  • 就寝前は、カフェインを含む飲み物を避ける
  • お酒はたしなむ程度に。寝酒を習慣にしない(お酒を大量に飲むと、“眠る”のではなく“意識を失った状態”になります。睡眠障害を招くおそれがありますので、注意してください)

 

 

良質の睡眠を得るためには、まず、睡眠不足になっている原因をつきとめて、改善していくことが大切ですね。

 

1日は24時間ですが、人間の体内時計は25時間で動いているとか…。
体内時計を一度リセットするには、朝日を浴びて思いきり深呼吸することが一番です。

 

質の良い睡眠をとって、朝、太陽の光を浴びたら、気持ち良く1日をスタートできそうですね。

睡眠は健康維持の大切な要素関連エントリー

睡眠不足を解消する方法
健康な生活を送るためには、「良質の睡眠」が重要です。 睡眠不足になる原因や、睡眠不足を解消する方法を紹介します。
睡眠と成長ホルモンの関係
「寝る子は育つ」という言葉に意味には、睡眠と成長ホルモンが関係しているようですよ。
睡眠障害について
睡眠障害とは何か、また、睡眠障害の種類について調べてみました。
睡眠時無呼吸症候群について
睡眠中に呼吸が停止してしまう「睡眠時無呼吸症候群」。 その種類や症状について調べてみました