睡眠不足解消

良質の睡眠は健康にも美容にも大切

グッスリ眠ってスッキリと目覚めた朝は、なんとも言えない爽快感がありますが、反対に、睡眠不足の日は一日中だるくて、気分がすぐれませんね。

 

ここでは、睡眠不足になる原因や、睡眠不足を解消する方法にについてお話ししたいと思います。
睡眠不足をなくして質の良い睡眠を得るために、そして美容と健康のために、ぜひ読んでみてください。

 

 

寝る時間をけずって仕事や勉強をしたり、悩み事があってなかなか寝付けない、または、翌日に大事なプレゼンを控えていて、気になって何度も目が覚めてしまうなど、多くの人が何らかの理由で「睡眠不足」になった経験があるのではないでしょうか?

 

睡眠が不足すると、大脳が十分に休むことができず、体の疲れも回復しません。
そのため、心身ともにスッキリ出来ず、何事にも集中することができなくなってしまうのです。

 

健康な生活を送るためには、「良質の睡眠」をすることが大切なポイントになります。
睡眠不足を解消して、毎日を元気に過ごしましょう。

 

 

 

睡眠不足を解消する方法

 

【規則正しい生活リズム】
就寝時間と起床時間を決めて、規則正しい生活リズムを作りましょう。

 

【ストレス解消】
ストレスが原因で寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下することがあります。
自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスをためないように心がけましょう。

 

【カフェインを摂らない】
個人差はありますが、寝る前にカフェインを含むコーヒーなどを飲むと、神経が刺激されて眠れなくなります。
カフェインを含まない飲み物にしましょう。

 

【寝る前は食べない】
寝る前に食事をすると、胃腸は食べ物を消化するために活発に働きますので、寝つきが悪くなります。
消化には約3時間かかりますので、就寝の3時間前には食事を済ませるようにしましょう。
時間がとれない人は、消化が良くて軽い食事をとるようにしてください。

 

【ストレッチ】
就寝の1時間ほど前にストレッチを行って体をほぐし、適度に体を温めましょう。

 

【適度な運動】
ふだんから出来るだけ体を動かして、適度な運動を心がけましょう。
ただし、寝る前の激しい運動は、脳を刺激してかえって寝つきが悪くなるので、気をつけてください。

 

【自分に合った寝具】
枕の高低、ベッドの硬さ・柔らかさ、かけ布団の重さなどは、自分に合ったものを使用しましょう。
良い寝具を選ぶことで、睡眠の質を上げることができます。

 

 

睡眠不足になる原因や、睡眠不足を解消する方法について、調べたことを書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?
部屋の照明を暗くすると、脳に「そろそろ寝ますよ」という情報が伝わって、メラトニンの分泌を促します。
間接照明にすると、さらに落ち着いた雰囲気になりますから、気分を変えたいときなどにお試しくださいね。

睡眠不足を解消する方法関連エントリー

睡眠は健康維持の大切な要素
「睡眠の大切さ」を理解して、質の良い睡眠をとり、健康な毎日を過ごしましょう。
睡眠と成長ホルモンの関係
「寝る子は育つ」という言葉に意味には、睡眠と成長ホルモンが関係しているようですよ。
睡眠障害について
睡眠障害とは何か、また、睡眠障害の種類について調べてみました。
睡眠時無呼吸症候群について
睡眠中に呼吸が停止してしまう「睡眠時無呼吸症候群」。 その種類や症状について調べてみました