体脂肪率とは

適正な体脂肪率の基準と測定方法

最近では「メタボリックシンドローム」が問題となっていて、あらためて自分の健康を見直す人の数が増えてきました。

 

家庭で体脂肪率を測定できる「体脂肪計」も市販され、体重より体脂肪率に注意を払うようになっています。

 

ここでは、「体脂肪率とは?」という基本的な疑問にお答えできるよう、「体脂肪率」に関する基本的なことを調べてみましたので、読んでみてください。

 

 

現在では、家庭で体脂肪の測定ができる「体脂肪計」が市販されていますので、「体脂肪率」も簡単にわかるようになりましたね。

 

「体脂肪率」とは、体の中で体脂肪が占めている割合、つまり、体重の何%が脂肪なのかを表す数値のことで、肥満度の指標にもなっています。

 

 

適正な体脂肪率の基準

 

健康的な体脂肪率は、

 

30歳未満の男性は14〜20%程度
30歳以上で17〜23%程度

 

女性の場合、30歳未満が17〜27%
30歳以上で20〜27%

 

とされ、この数値が一般的な肥満の判定基準とされています。

 

 

「適正な体脂肪率」の基準があるのは、肥満度を知るためだけではありません。

 

「体脂肪率」は低ければ良いというものではなく、「体脂肪率」が低すぎると、低体温を招いたり、不足するエネルギーを筋肉を分解して作り出すため、筋力が低下してしまいまうのです。

 

さらに、ホルモン分泌に異常をきたすことから、女性の場合、生理不順になったり、早発性閉経などを招くおそれもあるのです。

 

 

測定方法の種類

 

体脂肪率の測定法には、いくつか種類があります。
「物理的測定法」といわれるものとしては、水中体重秤量法、空気弛緩法、CT,MR法といった大がかりなものや、ゴールドスタンダードといわれる二重エネルギーX線吸収法などがあります。

 

「簡易測定法」としては、皮下脂肪厚法などがありますが、現在、市販の「体脂肪率測定装置」の標準となっているのは「生体インピーダンス法」です。

 

「生体インピーダンス法」は、人体に微弱な電流を流して、生体インピーダンスから体脂肪率を推定する方法なのですが、筋肉質の人は正確な測定ができなかったり、ペースメーカーを使用している方は、この方法は適用できません。
また、体調に影響やされたり、測定装置そのもののノウハウによって差が生じることもあります。

 

家庭でも手軽に体脂肪を測定できて、便利な装置なのですが、以上のような点も考慮して利用するようにしましょう。

 

 

 

「体脂肪率」は、体重の中の脂肪が占めている割合のことなので、体重が何kgかということより、体脂肪率が何%か、ということに注目が集まるのですね。

 

女性にとっての「体脂肪率」というものは、どうしても低い方が良いような気がしてしまいます。
でも、体を守るためには、適度な「脂肪」が必要です。

 

肥満も体に良くありませんが、極端なダイエットも避けなくてはいけませんね。

体脂肪率とは関連エントリー

体脂肪率は平均値で判断しましょう
体脂肪率の測定値は、その時の状況によって変動しますので、定期的に測定して平均してみることが大切です。
体脂肪率の計算方法
皮下脂肪厚計を使って体脂肪率を計算で求める方法について紹介します。
測定方法の種類
体脂肪率の測定方法の種類をいくつかご紹介します。
体脂肪計の仕組みと測り方
体脂肪計の仕組みと正しい測り方をご紹介します。
オムロンの体脂肪計
オムロンのおすすめの体脂肪計を紹介します。
タニタの体脂肪計
タニタのおすすめ体脂肪計をご紹介します。