体脂肪率は平均値で判断しましょう

体脂肪率は一定の時間、状態で測った平均値で考える

現在では、両手で握るだけで測定できる「体脂肪率計」や、体重計に体脂肪率計が付いているものが市販されていますので、家庭でも簡単に体脂肪率を測定することが出来ますね。

 

体脂肪率の測定値は、その時の状況によって大きく変動しますので、定期的に測定して、平均してみることが大切です。

 

ここでは、体脂肪率を測定し、平均値を求めるときの注意点について、お話していくたいと思います。

 

 

一般的に、健康的な「体脂肪率」の範囲は、平均して、男性なら15〜19%、女性が20〜25%程度と言われています。

 

さらに、「体脂肪率」は年代によって範囲が変わってきますので、30歳未満の場合、男性が14〜20%、女性は17〜24%、30歳以上になると、男性が17〜23%、女性は20〜27%位が平均になります。

 

ですが、「体脂肪率」が低すぎると、体にさまざまな症状をきたしてしまいますので、平均範囲内の「体脂肪率」を維持することが理想なのです。

 

今では、簡単に測定できる「体脂肪率計」や、「体脂肪率計つきの体重計」が市販されていて、ご家庭で健康管理に利用している方も多いと思います。

 

しかし、健康管理に「体脂肪率」を利用するときの注意点は、その時々の状態によって測定値の変動がある、ということです。

 

家庭用の「体脂肪率計」は、体に微弱な電流を流して測定する「インピーダンス法」を用いていますので、使用するときには「体内の水分量によって測定値が大きく変わる」ということに留意しなければなりまん。

 

特に、食事の前後では値が大きく変わってきますから、食事が済んでから2時間くらい経ってから測定すると良いようです。

 

「体脂肪率」は、その時の状態によって変動で、「体脂肪率」をきちんと把握するには、一定の時間、一定の状態で測定することが大切になります。

 

また、「体脂肪率」は体調によっても変わってきますから、あまり細かい数値にこだわる必要はありません。

 

「体脂肪率」は、全体的に見て、「30」を超えたあたりから肥満の疑いが出てきます。
一定の期間、例えば、一週間の測定値の平均値が基準内におさまっていれば、それほど心配する必要はないと思います。

 

 

体内の水分量は、その時々によって大きく変わりますから、体脂肪率の測定は、水分量が一定になる条件で行うことがポイントです。
就寝前が最も安定していると言われていますが、毎日、同じ時間、同じ条件のもとで測定するようにしましょう。

 

女心としては、体脂肪率の変化に一喜一憂してしまいがちですが、あくまでも平均値で考えることが大切なようです。

 

上手に体脂肪率計を利用して、健康管理に役立てていきましょう。

体脂肪率は平均値で判断しましょう関連エントリー

体脂肪率とは
「体脂肪率」に関する基本的なことを調べてみました。
体脂肪率の計算方法
皮下脂肪厚計を使って体脂肪率を計算で求める方法について紹介します。
測定方法の種類
体脂肪率の測定方法の種類をいくつかご紹介します。
体脂肪計の仕組みと測り方
体脂肪計の仕組みと正しい測り方をご紹介します。
オムロンの体脂肪計
オムロンのおすすめの体脂肪計を紹介します。
タニタの体脂肪計
タニタのおすすめ体脂肪計をご紹介します。