体脂肪計の仕組みと測り方

基本的な仕組みと正確な測り方を知っておきましょう

市販されている「体脂肪率計」には、さまざまな種類がありますが、ほとんどが「生体インピーダンス法」を採用しています。
ここでは、体脂肪計の仕組みと測り方についてお話ししたいと思います。

 

簡単に測定できる便利な体脂肪計の、基本的な仕組みと正確な測り方を知って、より効果的に利用しましょう。

 

体脂肪計の種類についても書いてありますので、読んでみてください。

 

 

現在では、いろいろな種類の「体脂肪率計」が市販されていますが、そういった体脂肪率計のほとんどが「生体インピーダンス法」を採用しています。

 

「インピーダンス」は「電気抵抗」をあらわす言葉で、“脂肪”が電気を通さない性質であることを利用して、体内に微弱な電流を流し、体内の電気抵抗、すなわち脂肪量を計測するものです。
体内の脂肪の量が多ければ多いほど、「生体インピーダンス」が上がる、ということですね。

 

「生体インピーダンス法」を用いた体脂肪率計は、機能が体脂肪率計だけのものと、体重計とセットになっているもの、この2つに分けられます。

 

「体脂肪率計」で体脂肪を測定する方法は、体脂肪測定専用のものであれば、まず、身長・体重などの基礎データを入力し、両手で該当する測定部分をしっかりと握り、スタートボタンを押すと、人体に微弱な電流が流れ、自動的に「生体インピーダンス」を測定してくれます。

 

体重計に体脂肪率計が付いているものは、体重を測定する際、所定の部分に両足をそろえて乗せると、生体内に微弱な電流が流れて生体インピーダンスを計測し、体脂肪率を測定する仕組みになっていて、体重測定と同時に体脂肪率の測定ができる便利なものです。

 

中には体の部位ごとに脂肪率の測定ができるタイプもありますが、測定する時のポイントは、両足のかかとを所定の位置にきっちりと合わせることです。

 

「生体インピーダンス法」によって体脂肪率を測定するノウハウは、各メーカーによって異なりますが、体脂肪率を測定すると同時に、内臓脂肪レベルや骨格筋率、基礎代謝、身体年齢などを表示してくれるタイプもあります。

 

 

体脂肪計も、次々と新しいタイプが誕生しているようです。

 

体重計とセットになっているタイプなら、体重計に乗るだけで体脂肪率が分かってしまうのですから、本当に便利です。

 

これからは、体重と体脂肪率は“セットでチェック”が習慣になりそうです。
それに、問題になっている内臓脂肪の量や、基礎代謝や骨格筋率まで測定してくれる測定器があれば、自宅がミニ・クリニックになったような気分になれますね。

 

体脂肪計の仕組みと測り方関連エントリー

体脂肪率とは
「体脂肪率」に関する基本的なことを調べてみました。
体脂肪率は平均値で判断しましょう
体脂肪率の測定値は、その時の状況によって変動しますので、定期的に測定して平均してみることが大切です。
体脂肪率の計算方法
皮下脂肪厚計を使って体脂肪率を計算で求める方法について紹介します。
測定方法の種類
体脂肪率の測定方法の種類をいくつかご紹介します。
オムロンの体脂肪計
オムロンのおすすめの体脂肪計を紹介します。
タニタの体脂肪計
タニタのおすすめ体脂肪計をご紹介します。