タニタの体脂肪計

インナースキャン50がおすすめ

「健康をはかる」タニタがつくる体脂肪率計は、とても特徴があり、外見もスタイリッシュで、デザイン性の高いものが多くなっています。

 

タニタの体脂肪率計のコンセプトは、難なく継続できて、体脂肪率の変化が分かり易いこと、そしてデータ管理が簡単なことです。
収納のしやすさまで考えられた設計になっていますので、毎日の健康管理を続けやすいと思います。

 

では、さらに詳しくタニタの体脂肪計について見ていきましょう。

 

 

健康に関わる装置を取り扱っている「タニタ」では、とても特徴的な「体脂肪率計」を販売しています。

 

「タニタ」が販売する体脂肪率計のタイプは、「体重体脂肪率計」が基本となっていて、さらに、内臓脂肪をチェックする機能が付いているものと、付いていないもの、2種類に分けられます。

 

「タニタ」の体脂肪率計は、「毎日、継続して行うこと」を考えて作られていますので、登録人数のセットや、前回測定した時の結果と比較ができる機能が搭載されていて、体脂肪率の変動が手に取るように分かり、自覚を促してくれるのです。

 

さらに、「タニタ」の体脂肪率計には、自動認識機能が付いているものもありますので、登録者の中から自動的に“あなた”を認識してデータを呼び出し、体組成の状態がどのように変化しているか表示してくれます。

 

天板に強化ガラスを用いている「インナースキャン50」は、透明な電極を使い、非常にデザイン性に優れたタイプです。

 

機能も充実していて、最大5人の登録者の中から、体重や電気抵抗により“あなた”を自動判別し、体重・体脂肪率・内臓脂肪・基礎代謝・体内年齢・筋肉量・筋肉量スコア・推定骨量の順に表示してから、次いで増減した数値を表示していきます。

 

この他にも、地域測定機能やアスリートモード(スポーツ選手などの筋肉量が多い人向け)機能もありますし、もちろん、体重測定だけの利用や、登録者以外の測定も可能になっています。

 

このように、「タニタ」の体脂肪率計の機能は、毎日、継続的に測定することに集中しています。
健康に役立てるために、「測定しやすい」「使いやすい」装置となるように、設計・設定の段階から研究しているのです。

 

 

1位
2位
3位

 

 

 

タニタの「インナースキャン50」の厚さは、世界最薄の15mmですが、50g単位の高精度でわずかな変化もチェックしてくれるし、機能も充実している優れもの。
ダイエットやメタボ対策にはもちろん、骨そしょう症の予防や、体内年齢をチェックして老化を防いだり…。
これだけ機能が充実していれば、家族の健康管理も安心ではないでしょうか?
これからは、「一家に一台、体脂肪計」という時代になるかもしれませんね。

 

タニタの体脂肪計関連エントリー

体脂肪率とは
「体脂肪率」に関する基本的なことを調べてみました。
体脂肪率は平均値で判断しましょう
体脂肪率の測定値は、その時の状況によって変動しますので、定期的に測定して平均してみることが大切です。
体脂肪率の計算方法
皮下脂肪厚計を使って体脂肪率を計算で求める方法について紹介します。
測定方法の種類
体脂肪率の測定方法の種類をいくつかご紹介します。
体脂肪計の仕組みと測り方
体脂肪計の仕組みと正しい測り方をご紹介します。
オムロンの体脂肪計
オムロンのおすすめの体脂肪計を紹介します。