骨盤体操

骨盤を正しい位置に戻して健康に!

ベリーダンスなどは、「腰をまわす」という日常生活ではめったにない動作の連続です。
プロのダンサーの美しい“くびれ”に見とれてしまったことはありませんか?

 

ここでは、腰まわりを引き締める「骨盤体操」についてお話ししたいと思います。
ダンスのような激しい動きではありませんので、どなたでも続けていけると思います。
ぜひ、読んでみてくださいね。

 

 

お腹や腰まわりに付いている脂肪は、体内の器官を守るという大切な役割を持っているのですが、有り余るほどの脂肪はいただけませんよね。

 

日常生活の中で、“腰をまわす”という動作はほとんど行わないものです。
「骨盤体操」は、ふだん使わない筋肉に刺激を与えることで、腰まわりを引き締める体操です。

 

立ったまま腰をまわすときには、「腰」の部分をしっかりと意識して、上体の軸がぶれないように注意しましょう。
上体を前後左右に倒し、体の側面を伸ばすことも効果があります。
できれば、自分の姿勢がよく分かるように、鏡の前で行うと良いでしょう。

 

立って行う「骨盤体操」のほかに、仰向けになって行う方法もあります。

 

@まず、軽く足を開いた姿勢で仰向けに寝ます。
A次に、足の甲を伸ばし気味にして左右の親指をつけ、床から25cm〜30cmの高さまで足を上げます。
Bそのままの状態を5秒間キープし、この動作を5回〜10回繰り返します。

 

急に今まで使ったことのない筋肉を使うと、体を傷めてしまうかもしれませんので、無理をしないように気をつけてください。
一番大切なことは、毎日続けていくことですから、自分のペースで行ってくださいね。

 

急激に効果を感じるものではないと思いますが、続けていくうちに骨盤が正常な位置に戻ってきて、徐々に体の歪みも改善されていきます。体が健康的に引き締まって、ダイエット効果もありますし、何と言っても体の歪みが改善されれば、心身ともにスッキリできると思います。
毎日、少しずつでも「骨盤体操」を続けてみましょう。

 

 

骨盤が正しい位置になっていないと、お腹や腰まわりに脂肪がついてしまうほかにも、肩こりなどの不快な症状があらわれてきます。

 

骨盤体操を続けていると、腰まわりがスッキリしてきますし、体の不調も少しずつ改善されていきて、気分もスッキリしています。

 

きっと良い結果が得られると思いますから、無理をしないで、気長に続けてくださいね。

骨盤体操関連エントリー

ストレッチ体操
ストレッチ体操は、血液循環やリンパの流れなどを良くするなど効果が高い体操なのでおすすめです。
ゆる体操
「ゆる体操」は、運動科学者の高岡英夫さんが開発した体を良い感じにゆるめるための体操です。
ダンベル体操
ダンベル体操が体にもたらす効果やしくみを紹介します。
腰痛体操
腰痛になりにくい身体つくりには腰痛体操が効果的です。
ダイエット体操
簡単なダイエット体操と種類をご紹介します。
高齢者体操
高齢者の方々が快適な毎日をすごすことが出来るように考えられた体操を紹介します。