生活にウォーキングを取り入れる方法

健康的な生活のためにウォーキングを日常にしよう

健康維持のために、「適度な運動」は欠かせませんが、忙しい毎日の中、運動する時間を確保するのはなかなかたいへんですね。

 

「適度な運動」を継続して行うことが大切なポイントですから、暮らしの中に健康ウォーキングを組み入れる方法について書いてみました。
健やかな毎日を送るためにも、ぜひ読んでみてください。

 

 

健康を維持するためには、「バランスの良い食事」と「適度な運動」が欠かせませんね。
食事は毎日のことですから、自分で食事を意識することで、ある程度はバランスを整えることが出来ると思います。
ですが、「適度な運動」の方は、忙しくて時間がとれなかったり、運動が苦手だったりして、なかなか実行できないものではないでしょうか?

 

運動不足を強く感じて、ジョギングやジム通いを始めてみたけれど、辛かったり、時間がとれなかったり等の理由で、長続きしなかったという経験を持つ人も多いことでしょう。
だからといって、気が向いたときだけ運動するようでは、健康な体づくりは難しいものです。

 

健康維持のための運動は、定期的に継続することがポイントですから、長続きするように、生活の中に運動を取り込む方法を考えていきましょう。

 

朝1時間早く起きて、出勤前にウォーキングするとか、帰宅してから寝るまでの間にウォーキングの時間を設けることができれば良いのですが、いつも定時に帰れるわけでもありませんから、こういった時間をつくるのも難しいですよね。
スケジュールの合い間をぬって、ウォーキングが出来る日を設定して実行する方法もあるのですが、これでは「定期的に継続」することは難しくなります。

 

日々の生活の中で、定期的にウォーキングを行える時間を確保するならば、

 

・通勤の途中に一つ手前の駅で降りて会社までウォーキングする
・エレベーターではなくて階段を利用する
・昼休みを利用してウォーキングをする

 

など、ちょっとした工夫でウォーキングの時間を確保することで、かなり効果が表れてくると思います。

 

はじめのうちは「大変だなぁ」と思うかもしれませんが、少しずつ体が慣れてくるにつれて、体が軽く、動きがラクになってきます。
それに、病気になってしまってから治療して回復することを考えれば、ウォーキングで健康な体をつくったほうがずっと良いですよね。
生活の中にウォーキングを取り入れて、健康な体づくりに役立てましょう!

 

 

「運動不足なのは分かっているけれど、ジムに通う時間はないし…」
そんな悩みを一気に解決してくれるのが、生活の中に組み入れやすく、しかも費用を掛けずに気軽にできるウォーキングですね。

 

筆者の職場の同僚(男性)は、思いきって車通勤をやめ、1時間歩いて通勤を続けた結果、17sの減量に成功しました。
スリムで若々しくなった同僚を見て、ウォーキングの効果を目の当たりにした感じです。

 

あなたも明日からウォーキングを取り入れた生活始めてみませんか?

生活にウォーキングを取り入れる方法関連エントリー

ウォーキングはおすすめです
年齢や性別を問わず、誰でも手軽にできる「適度な運動」として、ウォーキングはおすすめです。
ウォーキングの効果は?
ウォーキングから得ることができる効果についてご紹介します。
ウォーキングの消費カロリーってどれぐらい?
ウォーキングをするとどれくらいのカロリーを消費できるのか気になりますよね。
ウォーキングシューズについて
足への負担を軽減するためにも、自分の足に合った「ウォーキングシューズ」を選ぶことが大切です。
ウォーキングはダイエットに最適
場所や時間を選ばずに、毎日続けやすいウォーキングは、ダイエットに最適な運動です。
ウォーキングマシンを買うメリット
ウォーキングの効果や、ウォーキングマシンのメリットについてご紹介します。